perth-2053641_1920

以前にも書きましたが
年齢が上がれば上がるほど
転職に占める資格の優位性は少なくなると思っています。


【前編】30代40代の転職で資格より大切なこと
【後編】30代40代の転職で資格より大切なこと


求められるのは、マネジメント力みたい。

求人増のポジション、「課長クラス」が最多


自分で動くより、同じ時間で人を動かした方がテコが効きますものね。
ましてや相対的に若者よりハイカロリーな年齢なら、なおさら。


じゃあ管理職を経験してない人は??


ただ誰もが誰も管理職として部下を率いた経験が
あるわけではないとも思います。
現実は現実として、
じゃあ僕ら30代の人間は
転職を諦めるしかないのか、というとそれは違う。
大事なのは
マネジメントならマネジメントで何を売りにするべきなのか
マネジメント経験がないならないで、何を売りにするべきなのか、です。

僕は↓こんな方法でそれを乗り越えましたが
【30代転職】自己分析で考えるべき、たった1つのこと
手っ取り早く無料でプロに頼むのもアリかなと思います。




おなじみ、業界最大手のリクルートエージェント。
これ、僕も最初の転職でお世話になりました。
(友達がエージェントとして働いていたのです)


転職エージェントの使い方


おススメは、
ダイレクトに求人を探すというより
まずは頭の整理に付き合ってもらうというつもりで
時間を取ること。
エージェントと面談をすると色々質問されますが
「そこまで考えれてないです」「わかりません」
と、素直に答えるだけOK。

彼ら彼女らの前で背伸びする必要はありません。

彼らもプロですし、
何より「何人転職を成功させたか」がミッションなので
それこそ血眼で目の前のクライアント(僕らのことです)の
転職市場上の魅力を探してくれるんですよね。
(当たり前ですが)転職のプロが。

実はこれめっちゃありがたいと思うんですけどね。

もちろん、とにかく求人数が多い
(20万件以上。2017年12月現在)のも大きな魅力。
というか、ここに登録しないと何も始まらないくらいですかね。

リクルートはとにかく情報が豊富なんですよ。
担当の営業本人が大したことなくても
その営業マンのバックには
大量の情報(上司、先輩、同僚、後輩)が控えています。

また、とにかく知識スキルの横の共有が徹底しているので
全国他拠点の成功事例なんかも入ってくる。
札幌の営業マンに福岡の良い事例なんかが
普通に日々共有されてるんですよね。

定期的に最新の転職市場の情報がアップデートされているので
本当に使わない手はありません。


僕も面接前に、
「ここの会社は〇〇なポイントを重視していますよ」
とか
「面接で必ず△△なことを聞かれますよ」
なんて結構各論までアドバイスをもらいましたねー。
おかげで無事最初の1社で内定をもらいました。

取り合えず動き出すこと

エージェントの登録は
リスク0で転職への第1歩を踏み出せる
格好の機会。

ほんっとーに
しないと損ですよ。

↓気が向いたらぜひー

転職・キャリアランキング

ライフスタイルランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


http://blogrank.toremaga.com/人気ブログランキング