perth-2053641_1920

以前にも書きましたが
年齢が上がれば上がるほど
転職に占める資格の優位性は少なくなると思っています。
※※30代からの転職には資格より大切なことがあるよ、という記事
【前編】30代40代の転職で資格より大切なこと
【後編】30代40代の転職で資格より大切なこと


転職市場のニュースを見ても
求められているポジションは、
マネジメント力のようです。

求人増のポジション、「課長クラス」が最多


自分で動くより、
同じ時間で人を動かした方が結果のテコが効くので
当然と言えば当然です。
ましてや相対的に若者よりハイカロリーな年齢なら、なおさら。

管理職を経験してない30代はどんな転職をすればいい?

では、管理職として部下を率いた経験のない
30代の人間は転職を諦めるしかないんでしょうか?

結論、それはきっと違います。

大事なのは、
「マネジメント経験を通して何を売りにするべきなのか」
「マネジメント経験が無いなら無いで、何を売りにするべきなのか」
です。

僕は↓こんな方法でそれを乗り越えましたが
【30代転職】自己分析で考えるべき、たった1つのこと

場合によっては、
第三者であるプロフェッショナルに
相談するのもアリかなと思います。

自分の強みは、転職のプロに聞きましょう




おなじみ、業界最大手のリクルートエージェント。
これ、僕も最初の転職でお世話になりました。
(友達がエージェントとして働いていたのです)

転職エージェントにお世話になる機会って
そうそうあるわけでもないと思うのですが、
仮に今、キャリアを考えているのなら
登録しておくことをおすすめします。
その理由は2つ。

30代以降のキャリアについて、頭の整理に付き合ってもらえる


エージェントに登録すると
まずは面談という時間を確保されるのですが
これが、使える。
自分が何を大切にキャリアを歩んできたのか、
何ができる人間なのか、が
人を介することで言葉にできるんです。

面談では、
自分のこれまでのキャリアや今後の希望まで、
色々な質問をされるのですが
大切なのは、
「そこまで考えれてないです」
「わかりません」
と、とにかく素直に答えること。


彼らもプロですし、
何より彼らのミッションは、
「何人転職を成功させたか」。

それこそ血眼で
目の前のクライアント(僕らのことです)の
転職市場上の魅力を探してくれるんです。

これが、めっちゃありがたいです。
自分に強みを独力で言葉にする難易度を
プロによって下げる。
しかもこれが無料なので
使わない手はありません。

圧倒的な求人量と、徹底された社内の事例共有


リクナビの求人登録数は20万件以上※2017年12月現在
圧倒的な物量です。

そして見逃せないのが、
全国のリクルート営業マンから集まる
あらゆる業界、分野の生の転職情報。

担当の営業本人が大したことなくても
その営業マンのバックには
大量の情報(上司、先輩、同僚、後輩)が控えているわけです。

同時に、知識スキルの共有が徹底しているので
全国他拠点の成功事例なんかも入ってくる。
札幌の営業マンに福岡の良い事例なんかが
普通に日々共有されてるんですよね。

定期的に最新の転職市場の情報がアップデートされているのです。

僕も面接前に、
「ここの会社は〇〇なポイントを重視していますよ」
とか
「面接で必ず△△なことを聞かれますよ」
なんて結構各論までアドバイスをもらいましたねー。
おかげで無事最初の1社で内定をもらいました。


転職で大切なのは、取り合えず動き出すこと

転職に限ったことではないですが
不安や不満は動き出さないと
いつまでも溜まったまま。

そんな中、エージェントの登録は、
転職においてリスク0で第1歩を踏み出せる格好の機会。

ほんっとーにしないと損ですよ。
ぜひ試してみてください!


↓気が向いたらぜひー

転職・キャリアランキング

ライフスタイルランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


http://blogrank.toremaga.com/人気ブログランキング