couple-1294247_1280

転職後に正式着任してから半年で、
仕事のパートナー兼僕の採用担当から
退職願を出されて3週間。

ちょこまか動いていた様子をまとめました。
人事のプロから見たら、ちゃんちゃらおかしい事をしてるかもしれませんが、
急遽&初めての経験で奮闘しておりますので・・・
似たような環境に置かれた人に参考になれば。


退職者の業務内容を明文化する

人事に「求人を出したいです!」という申請をする際に
どんな人が必要か、を提出しないといけません。

いわゆるラインスタッフというか、
定型業務ががっちり決まっている人であれば
そこまで大変ではないと思いますが
今回退職される方は僕が入るまで一人だけの部署で働いた人。
スキルが高いだけに、遊軍的に色々な部署と仕事をしたり
社長直轄の仕事も頻繁にこなしていました。

本人も把握しきれないくらいの量だったので
まずは「誰と、どんな仕事を、どんなアウトプットで」
行っていたかをリスト化することに。

これは着任直後、
部署が一人から僕も含めて二人になった時点で
ゆるゆると行っていたので、まぁサクッと終わりましたかね。


後任に求める人材要件を決める

次に、新たに採用する人に何を求めるかを決めます。
何度も言いますが、退職する方がかなり高スキルなため
全く同じスキルを持った人を採用するのは至難の業。

今まで担当していた業務の中で
何を捨てるかを決めなければなりません。

リストとにらめっこし、
次年度以降部署として重視しようと
思っていた業務内容も踏まえて
人材要件を絞り込みました。


求人媒体選定と待遇の決定

ここまでを僕一人でまとめたうえで
人事との打ち合わせに臨みます。

退職者の業務内容に合わせて
どの求人媒体に掲載するのか、
待遇はどうするのか、
の打ち合わせ。

人事的にも、
今回の退職は会社として痛いことは承知してくれているので
スピード感をもって対応してくれると言ってくれたのが幸いかな。



と、今のところ完了しているのはここまで。

今は各求人媒体との打ち合わせが始まっている段階ですが
もう少しまとまってから書こうかなと思います。
媒体ごとの差なんかも見てみたいですしね。

↓気が向いたらぜひー

転職・キャリアランキング

ライフスタイルランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


http://blogrank.toremaga.com/人気ブログランキング