どうも、ひげぼうず(@bonno_kubo)です。
この5月から昇進しました。
移住&転職して1年。
早いのか遅いのかわかりませんが、
まずは新しい環境で認められた部分があるのは
嬉しい事です。
と、いうことで転職してから1年、
やってきたことをまとめました。

違和感を大切にする

新しい環境に入ると
大抵、色々な違和感を感じるはず。
僕の場合はそれをいちいちメモってました。

「なんで毎日経営理念の唱和をするの?」
とか
「なんで社員がゴミ捨てするの?」
みたいな粒感も含めて。

そのような違和感は外から来た人間しか気づかないものだし、
その視点自体が資産だったりするかなと思うので。

足で事実をあつめる

違和感を見つけると、
なぜそれが今の状態になったのか、
その事実や背景を自分の足で稼ぎにいきました。

その時、なるべく複数の人間に話を聞きにいくようにしています。

転職直後はどうしても
身近な人とばかり話しがちになりますが
あまり偏った情報ばかりだとのちのち間違いますし、
「はじめまして」のあいさつと
顔を覚えてもらうことも含めて
あちらこちらに足を運ぶようにしました。

今の自分でも出来そうなことを提案する

この時点で、
「自分の違和感リスト」の幾つかは削除されています。

よくよく話を聞いてみると
違和感と感じたことが、
実はその環境において合理的な理由があったりするので。


残ったリストの中から
自分の経験やスキルの中で
解決のお手伝いが出来そうなことを
周囲や上長に提案します。

大切なのは「〇〇すべき」みたいな言い方ではなく
「△△すると□□(人とか部署)が働きやすくなりそうなんですけど・・」
的なノリで話すこと。

ついでに、
「これまでもこの件って何か動かれたことありました?」
を聞くようにしました。

転職や異動者ってたいていの場合
「外からの意見をどんどん言ってくれ!」
と期待されますけど、その実何か提案すると
「何もわかってないやつが偉そうに・・・」
「そんなことずっと前からトライしてたわ」
って思われることが少なくありません。

提案が通った暁には
どっちにしろ周囲との協働になるわけですから
敵をつくるメリットは何もありません。

行動し続ける

提案が一つでも通ったらあとはもう行動し続けるのみ。
「し続ける」が大事かなと思います。
結果上手くいかなくても
「自分で仕事をつくり、行動した」
というプロセス自体が、
周囲に認めれる一つの理由になります。


転職を考えている人、
したばかりの人に参考になれば嬉しいです!



皆さんの1クリックが
めっちゃモチベーションになります!
よかったらぜひ~!



転職・キャリアランキング

ライフスタイルランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村



adult-3368246_1920